X

NEWS

GYPSY SOUND SYSTEM ORKESTRA in 名古屋能楽堂

I have a dream企画協力、イワタトシ子演出のイベントのお知らせです。

 

GYPSY SOUND SYSTEM ORKESTRA JAPAN TOUR 2016
2016.3.17 名古屋能楽堂

「東の旅」
Sounding the view.Viewing the sound.

ージプシーサウンドシステムオーケストラは、情景を歌う。
ー奥野衆英は、ビジョンを踊る。
ーシリルコピーニは、物語へ誘う。

GYPSY SOUND SYSTEM ORKESTRA / MUSIC(音楽:ジプシーサウンドシステム オーケストラ) 
GUEST
 SHU OKUNO / PERFORMANCE(パントマイム:奥野衆英)
 CYRIL COPPINI / RAKUGO(フランス人の落語:シリル・コピーニ)

Facebook イベントページ:「GYPSY SOUND SYSTEM ORKESTRA JAPAN TOUR 2016 in Nagoya」


流動的で感覚的な音楽と、
感覚ながら物語的な踊りの焦点が紡ぐ想像的なストーリー。

500年前にトマスムーアにより提唱されたUTOPIAという概念。それが生まれた頃、日本は太平の世である江戸時代、落語などの大衆文化が生まれた時代です。時を同じくフランスでは宗教革命が起こるのと同時に、ジプシー音楽やマイムなどの新たなカルチャーが国外からなだれ込みました。このイベントは言語や国境を越えた、アートがもつコミュニケーションの力を具現化する試みです。

Experience the melodic sounds with fluidity and intuition augmented with narrative moves translated into a unique imaginary story.

In the early 16th century, Thomas More advocated an inspirational idea:Utopia, Japan’s unification of forces of the Edo-period gave birth to new cultures such as rakugo and France’s reformation of religions created the emergence of counter cultures such as gypsy music and pantomimes flown out of worlds of wayarer. This event experiments with the fusion of arts and communication beyond the boundaries of language and countries.

 

日程:2016年3月17日(木)
開場:18:00  開演18:45
場所:名古屋能楽堂

チケット
前売: 前売¥3,500 当日 ¥3,800

チケット予約・お問い合わせ先
shop22/052-932-2092(12PM~8PMまでのお時間で対応させて頂きます)
ABC ー 担当/木村 bonjour@artsbridgecities.net
チケットぴあ 0570-02-9999  取り扱いコード番号 Pコード:763218

主催: Arts Bridge Cities – ABC
共催: アリアンス・フランセーズ愛知フランス協会
演出:イワタトシ子
企画協力: NPO法人 I have a dream
後援:フランス大使館・スイス大使館

名古屋能楽堂
〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
TEL:052-231-0088 
交通アクセス
・地下鉄鶴舞線「浅間町」下車 1番出口より東へ徒歩10分・地下鉄名城線「市役所」下車 7番出口より西へ徒歩12分
・市バス「名古屋城正門前」下車すぐ(栄13号系統、栄27号系統、西巡回系統)
・なごや観光ルートバスメーグル「名古屋城」下車すぐ

 



【GYPSY SOUND SYSTEM ORKESTRA】
[ジプシーサウンドオーケストラ]:
2009年スイスにてポーランド人の女性DJオルガ・スイス人DJ/アコーディオン奏者ドクター・シュナップスにより、Gypsy Sound Systemが結成。 東欧ジプシー~バルカン・ブラス系のダンサブルなトラックはもちろんのこと、スカ、レゲエ、ダブ、ヒップホップ、トリップ・ホップ、クレズマー、ポーランドやロシアのトラッドに、アラブやインドの音楽までも取り入れ、国境・文化を超えた新しいフォークミュージックスタイルを作り上げ、パリ、ロンドン、ローマ、ニューヨーク、サンフランシスコや東京などでのイベント出演から世界中にファンを持つ稀有なバンド。 今回は、サックス・ギターを加えた4ピースバンド:Gypsy Sound System Orkestraとして来日します。
http://www.gypsysoundsystem.ch/home.html

【SHU OKUNO】(ゲスト) PERFORMANCE
[奥野衆英]:
マイム俳優、振付家、演出家。1975年東京都生まれ。東京都立大学(現首都大学東京)理学部卒業後、2000年渡仏。 École Internationale de Mimodrame de Parisにてパントマイムをマルセル・マルソーに師事、同学院ディプロム取得 2007年南フランスのアルビー市ヨーロッパ国際演劇祭では自身が脚本・演出・振付・主演を務める《La violoniste et l’esprit de la chaise(バイオリン弾きの娘と椅子の精)》を発表。日本人としてはじめて最優秀作品賞と最優秀男優賞を受賞し話題となった同作品は、クロアチアを始め多くの招聘を受けた。 2012年フランス・アヴィニヨン国際演劇祭(OFF)で発表した自身初のソロ作品集「詞華集」では11日間連続満員を記録しメディアの評価も高い。その後はフランス国内外で舞台やテレビで演出・振付を担当。フランス・パリのThéâtre de la Villeをはじめ、スペイン、ドイツ、ウクライナなど15ヶ国以上の公演に参加し活動の幅を広げている。
http://et-vie-danse.com/about/

【CYRIL COPPINI】(ゲスト)RAKUGO
[シリル・コピーニ]:
フランス人落語家。1973年、フランス・ニース生まれ。 2010年、大阪の落語家・林家染太との出会いをきっかけ落語家としてのキャリアをスタートさせる。2011年には、「落語国際大会 in 千葉」において3位を獲得。2014年には世界最大演劇祭:アヴィニョン・フェスティバルにて三遊亭流有楽・林家染太とともに口演を開催した。フランスでの落語口演の通訳やコーディネートから、NHK文化センターや明治大学などでの講演会など、国内外における落語文化のプロモーション、日本文化の啓蒙に尽力している。

 

 

Tags: